デッドスペースをスタバ風にして活用する

80年代の内装を今風にリフォーム

1F店頭内のデッドスペース 店に入って突き当たり左寄りの部分にデッドスペースがありました。当初は 壁面に白いスクリーンを垂らして証明写真用に使おうとしていたスペースなのですが、やや手狭のためストロボの配置がし辛く、結局何の役にも立たない空間になっていました。 そんな中写真館協会のセミナーや他店の皆さんの状況などを拝見したところ、記念写真を撮り終わっ際、どの写真をプリントするかを検討するための専用エリアを設けている店舗が多くありました。 そこで、このデッドスペースを写真セレクトのためのワークエリアにして活用してみようと思います。

配色の選定

別件で風呂のリフォームカタログを眺めていたら目をひいたデザインがありました。 プラナスブラウンウッド また、とあるなじみの店では白を基調にしながらダークブラウンを配置することで独特の引き締まった大人感を出していました。スタバっぽくてかっこいいので今回はこの色をパクります。

壁面の塗装と加工

養生して壁面の一部を白く塗ります。 養生と塗装 念のためメラミンを紙やすりで荒らして塗料が食いつきやすいようにしておきます。ケンエースIIを塗りましたが塗膜がものすごく頑丈でしかもメラミン塗装の上に塗ってもしっかりと食いついてくれました。 ガストーチでう造り加工 壁面に使用する杉板にはう造りという木目を目立たせる加工を施してみました。 この板はw=120mm、t=9mmです。近くのホームセンターではw=90mmでt=5mmの材もあったのですが、どうしてもw=120mが欲しかったので遠い方のホームセンターでそれを購入しました。 ガストーチで表面を焦がした後にワイヤーブラシで焦げを削ると木の柔らかい部分が削ぎ落とされて木目が浮いて出てきました。 杉板にダークブラウンを塗装 杉板の焦げた色は十分綺麗で味わい深いのでそのまま壁に使っても良かったのですが、ここではあえて上に塗装を施して人口的なテイストを加えます。 板材の仕上がり 光を当てる角度によって凹凸の見え方が変わります。

組み上げ

ツーバイフォーで間柱を設置 元の壁に2×4材を打って間柱とし、そこに板を釘で打っていきます。 板材組み上げ中 当初、縦方向に杉板を組むか、横にするかで結構迷いましたが横向きの方がなんとなく落ち着きが感じられそうな気がしたので、横で取り付けを進めてみました。 天板の仮止め 壁面上端まで積み上げ終わったところでテーブルの天板を仮付けしてみます。動線に天板の角があって衝突の危険性があるためホームセンターで一辺を斜めに切って貰っています。普通の垂直、水平カットよりも割高でした。テーブルの足はIKEAから購入しています。ものすごく安いです。強度も十分で素晴らしいです。 天板は元のままの色で十分いい感じでしたが一応頭の中のスタバイメージにはエボニーっぽいテーブルがあったので着色をします。完成後の様子 オイルステインを塗った後にウレタンニスを塗り重ねています。それっぽい感じの色合いにはなりましたが、何となく商工会のトレニアのように見えて少々気持ちが萎えました。

前半終了

塗装済み天板の設置 iMacの型式がとても古いのがかなり気になりますが、とりあえずパソコンを置いてみました。スタバに行けばリンゴマークの入ったパソコンやらタブレットが視界に入ってきますから、そういった印象記憶のバイアスでそれっぽさが増している気がします。 次回は右となりの鏡の壁。犬の写真が飾ってある部分を同じくスタバ化します。全部の作業が終わった時にどう見えるのか気がかりですが少なくとも今よりはずっと良いものになると思っています。